2014年03月03日

2014年3月3日、愛知県警が在留カードの偽造拠点を摘発

2014年3月3日、愛知県警が在留カードの偽造拠点を摘発した。

報道各社のオンラインニュースを要約すると、事件概要は以下の通り。
中日新聞MSN産経ニュース時事ドットコム

在留カードを偽造し、授受していた疑いが強まったとして、愛知県警は3日、入管難民法違反の疑いで、名古屋市千種区の中国籍の男(35)ら中国籍の男女3人を再逮捕。
(中国籍男性(35)中国籍男性(31)中国籍女性(35)の3人)

男は正規の在留資格がある外国人の名前を使ってカードを偽造し、不法滞在者に譲り渡していた疑いがあるとのこと。偽造が発覚しないよう、正規の在留資格を有する人物になりすます工作だったとみられる。

偽造カードはこれまで中国で作られているとの見方が強く、県警によると、国内の偽造拠点を摘発するのは全国初とのこと。続きを読む


ラベル:在留カード
posted by ビザ職人 at 18:59| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする